FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

河北新報搭載のお知らせとサマーボランティアについて

こんにちは、ネットワーク宮城ボランティア事務局の芝原です。
先日、小泉自然楽校のリーダーである阿部寛行さんが河北新報に搭載されました!

(以下、河北新報の記事一部より抜粋させて頂きます)

>平成26年6月3日(火曜日)
阿部寛行さん(52)=気仙沼市本吉町小浜・NPO代表
災害時の心構え伝授

気仙沼市本吉町小泉地区で減災キャンプを展開する体験学習施設「小泉自然楽校」を主宰しています。震災後にボランティアをした縁で、2012年6月に活動を始めました。自然豊かな10ヘクタールの山里で、水道も、電気もない生活を送ってもらいます。子どもたちは自分の力で水をくみ、ご飯を炊く。さまざまな試行錯誤する中で、震災時の心構えを持ってもらうのが狙いです。
震災前は仙台市で小中学生がスポーツや自然体験に親しむNPO活動をしていました。震災で自然との共生とは何かを考え直したことが、楽校の設立につながりました。ことしの夏には浜松市や兵庫県淡路島の中学生や高校生が体験に訪れます。浜松市のNPO法人とは事業協力協定も結びました。津波の爪痕など被災地の教材を生かし、交流人口を増やしたいと思っています。

・・・・・・・・・・・・・・・

このように阿部さんは、2011年3月11日に発生した東日本大震災をきっかけに気仙沼市本吉町に小泉自然楽校を設立しました。

私も去年の年末に初めて小泉自然楽校のボランティアに参加させて頂きましたが、「減災キャンプ」の厳しさは想像を越すものでした。年末ということもあって、気仙沼市の気温は非常に低く、いつ雪が降ってきてもおかしくない状況でした。

ボランティアの内容は小泉地区の仮設住宅に暮らす方々向けのお餅つき大会イベントの実施で、都会ではなかなか体験することのないお餅つきをさせて頂いたり、地元の方々とゲーム大会を通して交流を深めたりと、逆におもてなしをさせて頂きました。地元の方々の笑顔を見て一安心すると同時に、もっと地域に協力したいと思う気持ちが強くなりました。

夜は小泉自然楽校内の野外炊事場で夕飯作りをしましたが、外気温があまりにも低いため、水道管が凍ってしまったり、ガスコンロの火がつかないというハプニングに見舞われました。日常生活では、停電や工事の時でない限りこのような事態に陥ることがないので、初めての経験に色々戸惑うこともありましたが、普段の何倍もの時間をかけて作った夕食は、本当に美味しくて食事中の会話も自然と盛り上がり寒さも忘れるほどでした。

夜のミーティングも終了し、宿泊場所であるドームハウスに戻って眠る準備をしましたが、暖房器具がないため室内といってもほぼ外の気温と変わらない状況で、体中にホカロンを貼ったり、寝袋や毛布に包まったり、湯たんぽを使用したりと様々な工夫を凝らして眠りにつきました。しかし、寒さに勝つことはできず夜中に何度も目が覚めました。震災時、雪が降りしきる中、多くの方がこのような寒い中、救助を待っていたと思うと胸がぎゅっと縮まる思いでした。長い夜が明け、朝が訪れると太陽の光を感じてホッとした気持ちになりました。

私の経験からすると、減災キャンプはあまくないです。

しかし、窮地に追い込まれることによって今まで湧き出たことのない感情が生まれたり、新しい考えが生まれました。実際に私は、減災体験をしたことによって被災地域にもっと貢献したいという想いが強くなり、現在このようにしてネットワーク宮城のボランティア事務局を担当させて頂いています。もし、あの経験がなければ今の私はいないと思うと、減災キャンプがきっかけで私は新しい道に進んでいけたのだとしみじみ感じます。

そのような減災体験からサポートスタッフボランティアまで様々なプログラム満載の、小泉自然楽校サマーボランティアの募集が今月6/1から開始致しました!私は「減災キャンプはあまくない」と断言しましたが、参加することの意味は大いにあります。自分が参加できる自信がないという方でも、まわりのボランティアメンバーと協力し合うことで乗り越えられるでしょうし、ボランティアの経験を通して一回り成長できるはずです。そして何よりも、地域の方々は皆さんが本吉町に足を運んで来て下さることを楽しみにしておられます!!夏休みに新しいチャレンジをしてみませんか?

皆様のご参加を心よりお待ちしております!

◎詳細は下記URLをご参照下さい。
http://b.volunteer-platform.org/volunteer/3913
(サマーボランティアには様々なプログラムがございまして、個々に搭載しておりますので、お手数ですが上記のサイトにて、“小泉自然楽校”で検索をお願い致します) 

スポンサーサイト

小泉自然楽校サマーボランティアのお知らせ

こんにちは、広報の芝原です。
6/1から小泉自然楽校のサマーボランティアの募集を開始致します!

中学生、高校生にとっては念願の夏休みがやってこようとしていますね!友達とお出かけをしたり、家族旅行をしたり、宿題をしたり‥と学生らしい夏休みを過ごす予定でしょうか?今年はそんな夏休みに「ボランティア」という新しい挑戦をしてみませんか?ボランティアと聞けば、一見堅苦しいイメージを持たれてしまいがちですが、気仙沼市に暮らす方々は皆さんが足を運んで来て下さることを楽しみにしていらっしゃいます!

小泉自然楽校のサマーボランティアでは、農林業体験活動、漁業体験、減災体験活動、仮設住宅の方との交流ボランティア、被災地ガイドツアーなどなど‥充実したプログラムが盛りだくさんとなっております。都会ではなかなか体験することのできないプログラムとなっており、これらの活動を通して被災した地域への支援、被災地域に対する新たな思い、アクションを起こすきっかけへと繋がっていけば良いと思っています。

小学生は保護者同伴、中学生、高校生は保護者承諾書をご持参頂ければ参加が可能です!
また大学生のご参加も大歓迎です!
一般の方も、プログラムによっては参加可能なものもありますので是非ご参加下さい♪

それでは6/1からサマーボランティア参加者の募集を開始致しますので、皆さんのご参加を心よりお待ちしています!

imgres.jpg

一般社団法人Social.Dreamsのご紹介

◎一般社団法人Social.Dreamsの紹介です。
こんばんは、広報の芝原です。本日は下記団体をご紹介します。「現地に足を運びたいけど、仕事が忙しくて時間がない‥」「現地でのボランティアに自信がない‥」という悩みをお持ちの方でも、協力することができます!是非この機会に参加されてはいかがでしょうか!

__________________________

初めまして、
一般社団法人Social.Dreamsの寄宗(よりむね)と申します。
よろしくお願いいたします。 弊社では、震災以降有志によってフリーペーパー「Oneday」を発行しております。
「Oneday」は、「被災地の今を伝える、忘れないためのフリーペーパー」と言う事で、
被災地の現状を一人でも多くの方に伝えて、風化しない様にしようという目的の元活動を行っております。
スタッフは社会人、学生などで構成されており日々の仕事、学業の傍らフリーペーパーの制作作業を行っております。 3年が経ち風化していることが強く感じられるようになった今、
まだまだ、風化させてはいけないという強い思いのもとに、
本誌の以下のお手伝いを頂けるボランティアスタッフを募集しております。
ご賛同いただける方、是非参加したい方いらっしゃいましたらお気軽にご連絡ください。
お問い合わせだけでも結構です。 --------------------------------------------------------------------
<募集について> 配布先、配布いただける方
 フリーペーパーの内容にご賛同頂き、
 フリーペーパーを設置して頂ける場所を紹介いただける方、
 フリーペーパーを配布いただける方、
 いらっしゃいましたらご連絡を下さい。
 お問い合わせだけでもお気軽にどうぞ! 記事を寄稿いただける方
 日々の活動を通じて、記事を寄稿いただける方を募集いたします。
 日々活動されていらっしゃる中で、被災地の外側に伝えたい事、風化させたくないなどあるかと思います。
 ぜひ文章にして、伝えたいという方がいらっしゃいましたらご連絡を下さい。
 文章が苦手という方も大歓迎です。校正などは行いますので安心して書いて頂けます。
 こちらも、お問い合わせだけでも結構ですのでお気軽にどうぞ!
 
フリーペーパーの内容、弊社の活動などはこちらをご覧ください。 HP: http://www.oneday-online.jp/
Facebook: https://www.facebook.com/onedayonline 本誌内容をこちらをご覧ください。
創刊号電子版 http://libura.com/viewer/1j33ib6phm4h/
2号電子版  http://libura.com/viewer/1j33ib6scx9d/ -------------------------------------------------------------------- 以上です。
最後まで読んでいただきありがとうございます。
何卒よろしくお願いいたします。 --
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
被災地の今を伝える「Oneday」を発行しております。
  URL:http://www.oneday-online.jp/
  FaceBook:http://www.facebook.com/onedayonline
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
一般社団法人 Social.Dreams
      代表理事 寄宗 幸司
Mail:Social.Dreams.i@gmail.com
URL:http://www.oneday-online.jp/
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
facebook: yorimune koji
SkypeID: kozy.yori
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

《小泉地区仮設住宅高齢者への希望と志縁のお願い》

小泉中学校仮設住宅に暮らす方々が毎年楽しみにしていらっしゃる、徳仙丈山つつじまつりへ連れて行くためのサポートボランティア・志縁金の募集をしております。

●日時 5月31日(予備日 6月1日)

●ボランティアの内容
小泉中仮設住宅での互助にて、徳仙丈山つつじまつりに、毎年楽しみにしているお年寄りの方々を連れて行くための送迎車の提供、送迎車の乗降補助、山歩き補助、ツアーへの志縁金サポート、ツアー現地サポートスタッフ

●ボランティア受付
名称 東日本大震災復興支援市民活動ネットワーク宮城
E-mail rina.s1203@docomo.ne.jp
担当者名 芝原 里奈


●志縁金内容
8名乗りワゴン車レンタル代 5万円
ガソリン代 1万円
《合計 6万円》※一口三千円より受け付けております。

振込先は:ゆうちょ銀行 記号18130 番号256751
(他行からお振込になる場合は受取は、店番号818 普通預金0025675)
名義人:東日本大震災復興支援市民活動ネットワーク宮城 代表 阿部 寛行(あべ ひろゆき)

●プロフィール
名称 東日本大震災復興支援市民活動ネットワーク宮城
住所 宮城県
TEL 0226-25-7174
E-mail rina.s1203@docomo.ne.jp
担当者名 芝原 里奈

もとよし観光ガイドブック

こんにちは、広報の芝原です。

本日は、本吉復興エコツーリズム推進協議会が作製した、宮城県気仙沼市本吉町ガイドブック「もとよし観光ガイドブック」の紹介をしたいと思います。

宮城県の気仙沼市にある本吉町は、震災によって大きな被害を受けましたが、現在では、地域の皆さんや全国から足を運んで下さるボランティアの皆さんが復興に向けて様々な活動に取り組んでおります。その中でも、今回ご紹介するのが本吉復興エコツーリズム推進協議会が作製した「もとよし観光ガイドブック」です。

本吉町には、人々を魅了する歴史的建造物、五十万株のツツジの花が咲き誇る徳仙丈山や田束山など、魅力的な観光スポットがあります。もともと観光産業が中心ではなかったために、これらの観光資源が手つかずの状態で残されています。

私は今年の3月に開催された、本吉復興エコツーリズム推進協議会主催の「歴史探訪復興ツアー」に参加させて頂きましたが、本吉町ならではの観光資源を活かしたツアーとなっており、今まで知ることのなかった本吉町の魅力に触れ、新しい一面を見ることができました。

“観光”は地域を活性化させる手段の一つです。

“ボランティア”として本吉町に訪れたことのある方は沢山いるでしょうし、“ボランティア”をするための一歩を踏み出せず立ち止まっている方もいるでしょう。そこで、“ボランティアで行く本吉町”という視点を少しずらして“観光地としての本吉町”に変えてみるのはいかがでしょうか?

実際に私が復興ツアーに参加するまでは、ツーリストではなくボランティアとして本吉町に足を運んでいました。なので、ツーリストとして本吉町に訪れた時は、見方や感じ方が全く異なり、新しい一面に触れることができましたし、こういうツアーを開催して外部から人を呼び集めるのは面白い!し地域活性化に繋がることは間違いないと思いました。

今回紹介させて頂いている「もとよし観光ガイドブック」は、そんな本吉町の魅力がつめられた一冊となっております。是非この一冊をお読みになり、“ツーリスト”として本吉町に遊びに来て下さい!

お問い合わせ
もとよし観光ガイドブック
ツイッター
フェイスブック
プロフィール

kotネットワーク

Author:kotネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
天気予報
 
カレンダー
02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
KOTネットワーク本吉
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。