FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

平泉⇔本吉歴史探訪復興ツアー 2日目

こんにちは、広報の芝原です。

歴史探訪復興ツアー2日目は、ペンションヴィラプチろくを出発した後、津波で甚大な被害を受けた松ノ下地区に行き、慰霊碑の前で黙祷を捧げました。震災以前、この慰霊碑の隣にはビニールハウスがあり、津波がくることを知った住民の方々はこのビニールハウスに避難しましたが、避難した93名全員の方の命が津波によって奪われました。

松ノ下地区からは、気仙沼向洋高校が見えます。向洋高校も津波の被害を受け、校舎の3階部分まで浸水しましたが、生徒・教職員は全員階上中学校に避難したため、無事でした。遠くから見ても津波の爪痕がはっきり残っているのが分かり、津波の威力がどれだけ凄まじかったのかを感じました。

その後訪れた地福寺では、ご住職の片山さんに震災時のお話をして頂きました。地福寺も、松ノ下地区・向洋高校同様津波の甚大な被害を受けたそうです。お寺を案内して頂くと、外に大きな鐘が吊るされており、ご住職のお話によれば、この鐘は津波によって流され、瓦礫の中から掘り出されたそうです。ツアー参加者の一人が実際に鐘をつかせて頂き、皆で黙祷を捧げました。寺内を案内して頂くと、震災時の様子を撮影した写真や震災当時の様子をまとめた文章などを見ることができました。また、この地区周辺では“海辺の森をつくろう会”というプロジェクトが実行されており、被災した土地に植樹を行うことで、海辺の美しさを取り戻したり、津波災害時に備えた森の防潮堤を作る活動を行っています。実際に東日本大震災で津波に飲み込まれた方の中にも、松の木にしがみついて助かったという方、椿の木に引っかかって助かった方がいたそうです。

地福寺を訪れた後は世界遺産に登録されている岩手県平泉に向かい、ツアーガイドの方と共に毛越寺、中尊寺を観光しました。特別史跡・特別名勝である毛越寺は、慈覚大師円仁が開山し、奥州藤原氏二代基衡・三代秀衡が造営しました。境内には大きな池が広がり、勾玉形の中島や橋引き石(橋の両たもとに置く石)、橋脚など当時の庭園の造りを想像させるような遺跡が多く残っていました。また境内の所々には、建物の土台となる石である礎石跡を発見することができ、毛越寺の歴史を近くに感じながら庭園散策をすることができました。奥州藤原氏初代清衡が造営した、特別史跡である中尊寺では、度重なる火災の中でも唯一当初の状態のまま保存されている金色堂を見学しました。金色堂は、堂全体が金箔で覆われており、非常に細かい細工が施されており、堂内には奥州藤原氏四代のご遺体が納置されています。中尊寺の宝物館である讃衡蔵には、三千点を超える国宝・重要文化財が収蔵されており、当初の歴史を感じることができました。

世界遺産平泉を最後に、本吉復興エコツーリズム推進協議会主催の平泉⇔本吉歴史探訪復興ツアーは無事に終了致しました。このツアーでは、本吉地区を“被災地”としてではなく“観光地”として見て感じることができ、本吉の歴史を学ぶことで観光地としての素敵な一面を知ることができました。震災から三年が経過しましたが、地域の状況は安定しておらず、まだまだ沢山の方の力を必要としております。時間の経過と共にボランティアの人数も減少しており、“風化”の恐さを感じています。しかし、今回、歴史探訪復興ツアーに参加をしたことで、視点を変えて被災地域を見れば、今までとは全く異なる復興志縁ができるのではないかと思いました。このツアーを通して感じたこと、地域の方々のお話を聞いて思ったこと、参加者のメンバーと気持ちを共有したこと、これらのことについてじっくり振り返っていくことで、地域のためになる新しい発見があれば良いと思っています。

二日間という短い期間でしたが、ツアーに関わった全ての方々に心より感謝申し上げます。
スポンサーサイト

平泉⇆本吉歴史探訪復興ツアー1日目

こんばんは、広報の芝原です。
先日無事に歴史探訪復興ツアーが終了致しました。

1日目、ツアー参加者集合後くりこま高原を出発し、本吉町の浄勝寺の本堂で雲丹、アワビご飯、生ワカメ味噌汁を頂きました。その後、鈴木ご住職の説明を受けながら浄勝寺を見学させて頂きました。浄勝寺は、源義経に仕え亡くなった佐藤次信・忠信兄弟のために母尼公によって1201年(建仁元年)に創建されました。寺中では、実際に安置されている兄弟の木像を見ることができたり、復興祈願のモニュメントとして、チェーンソー世界チャンピオンの城所ケイジ師が被災した木から作製した、たくましい龍が飾られていました。見学後には鈴木ご住職が復興ツアーを祈年し、作って下さった佐藤次信公・忠信公の絵皿をプレゼントして下さりました。

浄勝寺見学後は気仙沼市議会議員の佐藤さんガイドのもと、本吉でも最も古い歴史を持つ馬籠地区へ行き、薬師堂、尼公塚などを見学しました。薬師堂は、佐藤次信・忠信兄弟の母尼公が夫と子息の菩提を弔うために薬師如来を安置し建立したと伝えられ、尼公塚は平成18 年の発掘調査が行われるまでは、尼公の墓と伝えられ供養塚と推定されていましたが、調査後、尼公の家系と結びつく快順によって奉納された経筒が見つかり、尼公の供養碑を建て、経筒を埋納したものとも考えられているそうです。

その後訪れた御嶽神社では宮司の熊谷さんにガイドをして頂きました。この神社は、佐藤次信・忠信の母、乙和御前が勧請した神社と伝えられています。神社の鳥居をくぐり、参拝をする前に熊谷さんから手水の作法を教わりました。実際に宮司の方から作法を教わるという経験は貴重であるため、ツアー参加者の方々は興味深く聞き入っていました。正しい手水の作法を習うことができたので、その後訪れた神社でも実践することができました。帰りには、桜の刺繍が施された御嶽神社の素敵なお守りを頂きました。熊谷さん、有難うございました。

大谷鉱山歴史資料館では、ガイドの方に大谷鉱山の歴史を説明して頂いたあと、資料館を見学しました。大谷鉱山は、従業員1303名、年間一万トン余りの産金量を誇っており、平泉の黄金文化の源泉でした。しかし、昭和18年の太平洋戦争、金山整備令による休山、興北鉱業(株)の吸収合併、そして埋蔵鉱量枯渇により興北鉱業所の操業休止、最終的には全面閉鎖に至ったそうです。資料館では当時使用されていたヘルメットやキャップランプ、カンテラ、トロッコなど貴重な歴史的資料を見ることができました。

震災以前、駅から一番近い海水浴と知られ多くの観光客を集めていた大谷海岸では道の駅を訪れました。震災が起きた年は、この道の駅で様々な生活用品を販売し多くの人達の助けになっていました。現在も仮設の道の駅ですが、国の方針として、将来的には住民の生活の支えとなる病院や資料館、コンビニなどを複合した大きな道の駅を建設するそうです。

大谷海岸を出発した後は、一晩お世話になるペンション・プチろくへと向かいました。ペンションに到着するとオーナーの千葉さんが温かくお出迎えして下さりました。一段落したあとに、夕食を頂きました。ロールキャベツ、餃子、ワカメサラダ、お刺身、ホッケなど、地元の恵みを活かした美味しいお料理をごちそうになりました。就寝前は、小泉自然楽校に福岡県から来ていたボランティア、ペンションの方と交流会をし、本吉の歴史に触れ合って思ったことや感じたことを話し共有し合うことで、改めてこの地域について真剣に考えることができました。交流会後には、この日が初対面だとは思えないほど距離が縮まっており、一期一会の出会いはとても素敵だなと実感することができました。

明日から復興ツアーです!

こんばんは、広報担当の芝原です。

いよいよ明日から、本吉復興エコツーリズム推進協議会が主催している歴史探訪復興ツアーです。
本吉の歴史について知ることのできる貴重な機会ですので、ツアーを通して様々なことを吸収し、“歴史”という新しい視点から復興について考えることができれば良いと思っています。

今回のツアーでは、平安時代から続く本吉町ならではの土地である浄勝寺や、奥州藤原氏初代藤原清衡が天治元年に建立した中尊寺金色堂など本吉町の見所に足を運ぶことができます。

限られた時間ですが、本吉の歴史について理解を深め、改めて復興について考えていきたいと思います。

お知らせ

おはようございます、広報の芝原です。

KOTネットワーク本吉、代表理事の阿部寛行さんが気仙沼市雇用創造協議会の“今月の気仙沼人”というコラムに搭載されました。下記のURLにてコラムを観覧することができます。

今月の気仙沼人

東日本大震災

2011・3・11-2014・3・11
三年間
大津波が来た宮城の海で、自分に出来るボランティア活動を地道に積み上げて来た

この日を忘れない
だけではない
いつまでも忘れない

三年前に小泉地区に入り、
活動をしていた時に、
高校生が撮影してくれた写真


心はいつもありがとう
宮城県気仙沼市本吉町小泉地区
笑顔で元気に成れる居場所づくりをと書いた

この想いだけで、
まっすぐに
ただひたすら本吉町の人達と一歩づつ前に進んだ


現地最前線にて、
一番思う事はただ一つ、
希望の光りになる、賑と灯の
創生である。

その為の、

二年目、
小泉自然楽校が出来て
減災体験、避難所の場を作り、災害時には私設避難所として機能させる自然共生する居場所づくりを推進させ、1万人近い人がこの小泉自然楽校に訪れてくれた。

三年目には、
本吉復興エコツーリズム推進協議会会長を、
旧本吉町最後の町長、森琢男氏に担って頂き、一人でも多くの交流人口を本吉町に増やすべく復興エコツーリズムとして、観光振興を推進して、一年で5000名近い人が本吉町に訪れてくれた。

2011・3・11
東日本大震災において、
多くの家族を失い、友を失い、善き人達を失った。

彼らは皆、
一人一人、夢があり、
希望を抱き、
日々があった。

残された者や、友や、家族を思い、祈るしか出来ない日々があった。

彼らを想い、記憶に刻もう。

決して忘れまい、人知れず尽くす者たちを、彼らに心から感謝を捧げたい。

しかし
生き残った者は、日々の刻の中で、日常に甘んじ、痛みを忘れ、善と悪に心を引き裂かれてしまった者もいた。
その者に、我々の絆を滅ぼすだけでなく、人の絆を試し、人の誇りを冒涜しようとした。

信条や自由を侵そうとした。

ただ、
一つだけ贈り物を残した。

それは、
創生への希望だ。

我々は新たに立ち上がる。

前より強く団結して、今こそ我々の刻、
我々のチャンスだ。

善き心を取り戻し手本となる。
もう一度、人と人の絆を建て直すのだ。

いざ、参らん、
四年目
復興創生へと続く果てしなく険しい棘道へ

2014年度東日本大震災復興志縁についてのお願い その5

5.小泉中仮設住宅ふれあいイベント資源ご提供のお願い
全国から来るボランティアと下記日時にてふれあいイベントを開催しますので、各団体にはご志縁できる資源、食材を頂けるものがございましたらご協賛頂ければ幸いです。

★2月〜3月までの予定スケジュール
①2月28日金曜日 ふれあいもちつき・郷土もち 岡山県40名の学生とのふれあい交流
●もち米、クルミペースト、雑煮食材一式、使い捨て容器一式 100名分

②3月19日水曜日 お彼岸のぼたもちづくり 大阪より10名の学生とのふれあい交流
●もち米、あんこ、調味料一式、使い捨て容器一式 60名分

③3月21日〜23日日曜日 がんづきづくり、甘粥づくり、かぶらふかしづくり 名古屋より20名の学生ふれあい交流
●小麦粉、イースト、麹、甘酒、もち米、調味料一式、使い捨て容器一式 80名分

                                         以上

2014年度東日本大震災復興志縁についてのお願い その4

4.志縁金・義援金のご協力のお願い

地域の方たちの小さな声を拾い、1つ1つ実現していくにあたって、資金集めは簡単ではない状況です。
また、活動は一時ではなく、長期的に継続していく必要があります。この活動を継続していくには、みなさまのご協力が必要です。
東日本大震災復興支援市民活動ネットワーク宮城におけるボランティアを被災地に派遣する交通費、復興支援における必要な物資・燃料購入費、地域交流支援・子どもの遊び・学び支援運営費などの、活動における義援金・支援金のご協力をお願いします。

送金先:ゆうちょ銀行
記号:18130
番号:256751
名義人:東日本大震災復興支援市民活動ネットワーク宮城
 代表 阿部 寛行 (あべ ひろゆき)
(他行からお振込になる場合の受取りは、店番号818 普通預金0025675)

《急募》イベントボランティア募集

《下記イベントのボランティア募集》
宮城県気仙沼市本吉町の復興販売ブースサポートボランティア5名大募集
日時:3月15日土曜日8時〜18時 
場所:仙台の一番町アーケード

3月15日(土)に仙台にて「被災地復興ソーシャルビジネスメッセ」を開催いたします。

ステージプログラムと合わせ、100事業者が出展する展示会が開催されます。

ボランティア参加希望者は、本吉復興エコツーリズム推進協議会事務局長にご連絡下さい。
http://kotnet.info/
ツイッター
フェイスブック
プロフィール

kotネットワーク

Author:kotネットワーク
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
天気予報
 
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
KOTネットワーク本吉
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。